沿革

1914/1/1

仮診療所開設(島原市中堀町196番地)

1915/11/1

長庚堂病院として設立認可さる 内科・小児科・外科・産婦人科を開設

1918/2/20

最新式レントゲン設置

1919/

産婆・看護婦養成所を開設

1925/5/20

島原看護婦会を設置

1951/7/26

「柴田長庚堂病院」と改名

1951/9/14

結核予防法医療機関に指定

1952/6/2

島原療養所開設(島原市下川尻町8189番地)

1953/10/7

島原療養所第2病棟 34床増設

1954/7/12

島原療養所 柴田長庚堂病院より独立

1958/11/29

医療法人(社団)済家会設立

1962/3/1

島原保養院(精神科)を開設 45

1963/4/1

保養院 精神衛生法第5条の規定による指定病院に指定

1965/12/1

保養院 精神科増築 73床認可され118床となる

1973/9/1

柴田長庚堂病院 病院全面新築計画策定(第1次〜第3次)

1974/8/1

柴田長庚堂病院 第1次計画による病棟ならびに厨房の建築着工

1975/3/17

柴田長庚堂病院 第1次建築工事完成 鉄筋4階建 35床

1975/7/1

柴田長庚堂病院 第2次計画による本館診療棟・X線室・病棟建築着工

1976/5/17

柴田長庚堂病院 第2次建築工事完成 鉄筋5階建 46床 計81床

1976/9/8

柴田長庚堂病院 第3次計画による看護婦寮・3階ゼミナールホール建築着工

1977/2/25

柴田長庚堂病院 第3次建築工事完成 全館空調その他完備・警備施設完備・エレベーター2基

1977/10/1

島原保養院 第6病棟 10床落成 病床数128床

1979/10/1

島原保養院 基準看護取得

1979/12/1

島原保養院 特殊病棟増築 84床落成 病床数188床

1985/3/1

島原保養院 ホルター心電図解析センター落成

1986/11/20

島原保養院 別棟CRDC落成 32床落成

1987/1/20

島原療養所廃院 別棟としてCRDCへ移棟される

1990/3/30

柴田長庚堂病院 病院棟本館完成

1994/4/1

厚生大臣表彰を受ける

1994/5/30

島原保養院 痴呆疾患治療病棟建設

1995/10/1

ふれあいの樹完成

1998/7/10

柴田長庚堂病院 改装工事

1999/9/1

島原保養院 改装工事

2001/4/1

柴田長庚堂病院 北病棟増築改装工事 リハビリ棟建設

2003/3/1

グループホーム長庚堂開設

2003/7/10

柴田長庚堂病院 MRI導入

2005/5/1

柴田長庚堂病院 改装工事

2005/10/1

柴田長庚堂病院 改装工事完了 1階車庫部分を診察室3室その他へ改装

2006/3/20

柴田長庚堂病院 日本医療機能評価機構認定病院となる

2006/5/1

柴田長庚堂病院 通所リハビリテーション開設

2007/9/1

柴田長庚堂病院 結核病床廃止 結核病床6床減 143床

2009/6/1

柴田長庚堂病院 画像検査フィルムレスシステム導入

2010/3/26

柴田長庚堂病院 マルチスライスCT、デジタル]線システム導入

2010/4/1

グループホーム長庚堂U開設

2010/4/1

柴田長庚堂病院 介護療養型33床を24床へ  134床

2011/6/3

柴田長庚堂病院 病院機能評価Ver.6.0認定病院となる
2012/7/1 アプリコット開設 介護療養型老人保健施設「ろうけん長庚堂」開設
通所リハビリテーションがアプリコットへ移設し「通所リハビリテーション結」となる

柴田長庚堂病院 一般病床44床、療養病床60、合計病床数104床となる
2014/11/15 医療法人済家会 創立100周年を迎える
2015/7/1 柴田長庚堂病院 地域包括ケア病床44床、療養病床60、合計病床数104床となる